なぜ今、中古で収益不動産なのか

先行き不安定な、この時代に。なぜ今、中古不動産で資産運用なのか

新築リスク!

日本人は"新しい物好き"と言われます。新築から100年経った建物が珍しくない欧米の国々に比べ、神社仏閣を除き古い建物を目にすることはあまりありません。

同じようにマンションも新築が好まれるようですが、一般的にマンションにおける新築と中古の価格差割合は15~20%と言われます。
つまり新築を買って1年住むか、または貸した段階で、それだけの割合で物件が値下がりをすることも時代や環境によってあり得るのです。

賃料にも新築リスク

家賃推移のイメージ 同様に賃貸マンションの賃料にも新築価格(価格プレミアム)が存在します。
新築マンションの募集価格は一般的に10%以上高いと言われます。
つまりこれはテナントが入れ替わり、「新築」ではなくなった段階で、当初収受していた賃料がそれだけ値下がりをするとも言えるのです。

安定した中古マンションで資産運用

当社がご案内するテナント付中古マンションには、物件価格にも賃料にも新築プレミアムによる価格下落リスクがありません。

以下が当社物件の特長です。

  • 無理のない資産形成
  • 安心の収益計画
  • 情報・状況の「見える化」
分散投資に向いています

新築と比べ1件あたりの価格が抑えられるので、複数の物件を運用することが可能。
エリア、不動産の種類(マンション・ビル・商業など)、住戸タイプなどが分散でき、その結果リスクが分散されるのも強みです。

資産運用に関するQ&Aはこちらから

マイランドクラブ

現在の会員限定物件数:0

無料マイページのご登録はこちらから
すでに会員のお客様はこちら
メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちらから

トピックス

2017年11月22日更新

掲載物件数 631
公開 631
会員限定 0件
新着物件数 631
公開 631
会員限定 0件
当社からのお知らせです
お知らせ一覧を見る
株式会社ベストランド
会員登録はこちらから

会員でない方がこちらにストックした情報は、ブラウザを閉じた際に全て消えてしまいます。無料会員登録していただくと、ストックした情報を一定期間保持することが可能になります。

「検討中に追加」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ前の比較検討等にご活用ください。

「お問い合わせ」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ後の確認等にご活用ください。

詳細情報を閲覧した物件が順番に表示されます。物件をもう一度見たい場合等にご活用ください。

このページの先頭へ戻る